医院紹介・ドクター紹介|いずみ中央矯正歯科クリニック【仙台市泉区 歯科医院】

医院紹介・ドクター紹介

医院紹介

歯並びの治療を始められる患者さんでは、不正咬合に加え顎関節の症状やお口の動き方の異常(顎口腔機能異常)、虫歯や歯周病等の問題と多岐に及ぶ問題点をかかえておられるケースをしばしばお見受けします。 当クリニックでは矯正歯科を専門とする院長が不正咬合と顎口腔機能異常を、小児歯科、一般歯科を専門とする副院長が虫歯や歯周病等を担当いたします。一人の患者さんに対して常勤する二名の歯科医師が各の専門的立場から意見交換をし、さまざまなご要望や問題点に対しきめ細やかに対応しております。提携医療機関としては東北大学病院、宮城県こども病院等があります。

ドクター紹介

写真:院長

院長:齋藤 正 歯学博士

略歴
東北大学歯学部を卒業後同大歯科矯正学講座に入局。東北大学文部教官として 研究発表(日本矯正歯科学会・国際歯科研究学会日本部会等)や歯学部付属病院での矯正歯科治療・技工士学校の講義・学生の実習等に従事する。歯学博士を取得し平成2年矯正歯科医院開業。 開業後も研鑽を積み特に顎口腔機能に関してこの分野の第一人者である大阪大学丸山剛郎教授(現名誉教授)より指導を受ける。研究成果を日本顎関節学会、日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本咬合学会等に発表する。日本顎咬合学会にて発表時には学会より優秀発表賞を受ける。
所属学会
日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会、東北矯正歯科学会 日本顎関節学会、日本補綴歯科学会、日本顎頭蓋機能学会、日本顎口腔機能学会 日本全身咬合学会、日本顎咬合学会、日本咬合学会、日本睡眠歯科学会   国際歯科研究学会(IADR)、国際歯科研究学会日本部会(JADR)、 Japan Academy of Orofacial Pain   Asian Academy of Craniomandibular Disorders
認定医
日本矯正歯科学会認定医  日本顎関節学会専門医
日本顎頭蓋機能学会認定医(口腔リハビリテーション認定医)
趣味
テニス・登山
コメント
噛み合わせ(咬合)について研究する学会は矯正歯科学会の他にもいくつかあり、それぞれ特徴のある研究成果をあげています。そこで最新の知見を反映させるため常に研鑽に努め、特に顎関節の状態やお口の動き(顎口腔機能)を考慮しての治療のために、お口の動き方(下顎運動)を計測解析しこれを配慮した治療をこころがけています。
写真:副院長

副院長:齋藤 ふく子

略歴
宮城第二女子高校から東北大学歯学部入学。卒後同大小児歯科学講座に入局し小児歯科学を学ぶ。特に小児の患者さんや保護者の皆さんを対象とした“母親教室”で歯磨き指導や予防的処置に広く携わる。クリニック開業時より副院長として小児・一般歯科を担当する。
所属学会
日本小児歯科学会
趣味
園芸・読書
コメント
自分が患者さんだったら?
自分の子供が治療を受けるなら?
自分の親に勧めるなら?
といった視点を大切にし、皆さんのお口のホームドクターとして、安心安全な優しい診療を心掛けております。
虫歯はなぜ出来るの?
歯周病は防げるの?
など疑問にお答えしながらお一人お一人にあった無理のない治療内容のご提案をいたします。

フッ素塗布、歯のクリーニングなどの予防治療もご好評でさらに最新の予防治療 高濃度次亜塩素酸水(エピオス)による虫歯菌や歯周病菌の除菌治療も導入いたしました。 矯正歯科は専門的でちょっと敷居が高いと考えているかたや、いろいろな歯の治療の相談を気軽に出来る歯医者さんがいないと感じている方などに泉中央から情報発信できたらと思いながら毎日楽しく診療しております。


写真:スタッフ

スタッフ

コメント
患者さんがリラックスして治療が受けられるよう、スタッフ一同和やかな雰囲気作りを心がけています。 お気軽に話しかけてください。
スタッフ一同